2007年01月14日

Shall We Dance?

奈須きのこ恐るべし!と言うべきか。
今日から例のFate Zeroが書店にて発売開始なわけだが、
昨日まではあったはずのDDDの一巻が何処も彼処も消えてましたよ・・・。
Fate Zeroと一緒に買っていく人が多かったのかねぇ。
なんか悔しいからあちこち探してやっとの思いで無事購入。
きのこ氏執筆だから数用意してるだろうと油断したのがまずかったね。
しかしまぁ発売から三日で売り切れとか勘弁してよ・・・
おいちゃん走り回って疲れちゃったよ。(何)

今日は久しぶりに映画の感想なんぞを。短くまとめるぞ〜。
で、今日見たのは『Shall We Dance?』
日本版のリメイク作品ですね。リメイクにあたって変更された部分とか
自分で見たい人は読まないように。

そんなわけでストーリーはほとんど変わってませんよと。
でもハリウッド版という事で設定とか立ち回りとか変わってましたね。
家族の仲が凄い良かったり、最後のパーティの雰囲気も
オープンだったり、他にも色々と舞台に合わせてありました。
最後のダンスパーティに赴く辺りも流石と言うか、
妻の仕事先に平然とタキシードで乗り込んできて
そのまま踊りだしたりして、もう仲良すぎってな感じで。
奥さんの同僚が後ろで見てて感動してたようですが、これは
確かに夫婦としては理想とも言えるかと。自分もグッと来ましたよ。
個人的には息子に彼女を紹介された後に再びダンスをやろうと
決意するシーンが好きですね。
息子の活躍はこれにて終わりなんですけどね、残念。
他にもならではのシーンがいくつもあって面白かったですよ。
でもやっぱりカツラのシーンは外せないのね(笑)。
けど踊ってる相手を庇う庇わないの話が
なくなってたってのも残念でしたねぇ。
まぁそれがなくとも充分相手を思い遣っている事は伝わってるんですがね。
と言うか、リチャード・ギアを起用した時点で紳士分は
充分すぎるほどにあったんですけどね。(笑)
配役も違和感があるような事はなかったし、日本版が好きな人なら
特に嫌うような事はないでしょう。
日本版を知っている人なら相違点を探しながら楽しめるかと。
知らない人でもこれならば充分にお勧めレベルなので是非。
その時は日本版も見ましょうね。(ぉ)
さてさて、そんな訳で評価は文句なしの ですね。
重ねて言いますが、日本版ハリウッド版の両方をどうぞご堪能あれ。


posted by 土丼兵衛 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。