2006年10月30日

デスノート ・ 踊るレジェンド

さぁて、久しぶりに映画の感想なんぞを。
多少色物な気もしますが(苦笑)。

まずは『デスノート』
週刊少年ジャンプで大人気連載をしていた漫画の映画化ですね。
やっぱりあれだけの長編の映画化ともなると
細かい部分は省略されちゃってますね。
とりあえずワタリ役ははまり過ぎ(笑)。
キラ・L役も結構いい感じ。それ以外はまぁどうでもいいかな(何)。
オリジナルキャラはいらない、と言いたい所だけど
短い映画の中でデスノートというものを理解するには
必要な配役と言えるかと思います。
トリックも多少穴があるとはいえ上手く出来てる方かと。
映画化にしてはまぁいい感じかなぁ。
後編はまぁ当然の如く対Lで話が終わるようなので
原作とは違う結末になりますな。どう終わらせるか楽しみです。

次はまとめて『踊るレジェンド』って事で。
正確には『交渉人・真下正義』『逃亡者・木島丈一郎』
『容疑者・室井慎次』『弁護士・灰島秀樹』の四つの事を指してます。
この内、『交渉人〜〜』『容疑者〜〜』は劇場版、
『逃亡者〜〜』『弁護士〜〜』はTVオリジナルですね。
とりあえず一言。
「踊る大走査線シリーズとしてやる意味がない。」
いや、まぁ意味はあるんですがね。
踊るシリーズとして出せば客は寄ってくるし、役の設定も
これまでのシリーズで分かってるからその辺の描写が不要になるし。
でもこれはまさに踊る〜〜に乗っかってるだけの作品だったかと。
これを踊るシリーズと呼ぶには色が違いすぎるかなぁ。
木島丈一郎・灰島秀樹は劇場版見てないと踊る〜〜に
どう関係あるのかサッパリだし、灰島秀樹に至っては完全に部外者だし。
作品としては並かそれ以下かなぁ。
あぁ、でも『弁護士〜〜』は結構楽しめたかな。
話もなかなか面白かったし、電子音BGMも良かったし(笑)。
とりあえずこれからこれらを見ようと考えてる人は
踊る〜〜ほどの期待はしない事をお勧めします(ぁ)。


posted by 土丼兵衛 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。