2009年07月08日

minoriの海外アクセス遮断についての見解

発売日イベントとかサンホラライブとかドリパとか、
レポート書こうとか言ってるようなタイミングじゃないので
それについてはもう書かないことにした。
感想を少し、明日以降にでも書く程度で。
もっと文章をサクッと書ける人間ならこんなことにならないんだけど、
その辺時系列とか妙に気にしちゃうので、んなこと気にして
ブログやってると他の事書けないし。

とりあえずあれからちょくちょく動きがあったエロゲの規制に関する
話ですが、
ちょくちょく動いてた部分は2chあたりのソースだったので
その辺りはここでは書かないことにしてたので、
前回このことについて書いた時からはだいぶ間が空いてしまった。
どんな動きがあったか簡単に言うと、単純に陵辱ジャンルが
規制されるだけでは終わらない可能性があるってところでしょうか。
純愛系でも「学生」が出てくるのはアウトとか、
人間の倫理観が関係ない「人外」でもアウトとか、
他にも色々禁止要項が増えているようで。
実際にどこまで適用されるのか、決定したような話は
まだ聞かないのでいまいち曖昧なところ。

で、タイトルのminoriの動きについて。
・少し前にminoriは海外からのminoriOHPへのアクセスを遮断しました。
・それに対して海外から多くの反響があり、何故
 アクセス遮断したのかについての説明文を、OHPにアクセスして
 遮断された際に表示されるページに追加しました。
・この一連のminoriの動きについて、J-CASTがminoriに対して
 メールで取材をし記事にしました。(7/7の記事)
・記事が公開された後で、minoriがJ-CASTからの取材内容の
 全文を公開しました。

この取材内でminoriが製作ゲームを日本語版Windowsでしか
動作しないようにしてるってのを知って、本当minoriは
この業界に対して真摯だと改めて感じた。
この一連の動きもそうだし、これまで自分が見て聞いてきた
minoriの色々な対応だとかトーク内容からもそういった姿勢は
感じてきたので、自分の中のminori株は上がるばかりだ。
物販列とef関連の動き以外では、だけど。(何)

minoriの海外アクセス遮断についてはグーグル先生に
「minori 海外アクセス」みたいな単語で聞けば詳細が出てくるかと。
minoriのOHPはこちら。
J-CASTの記事はこちら。


posted by 土丼兵衛 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。